ブランク明けの看護師におすすめの医療機関は?

ブランクありの看護師だって働きたい!

不安を払拭して看護師として新たな一歩を踏み出そう!

どの医療機関が良いのか

どの医療機関が良いのか

病院やクリニックなどの医療機関はどこも人手不足に悩んでいるため、看護師はブランクがあっても積極的に採用される傾向があります。ここでは各医療機関のメリット・デメリットを紹介していくので、どこで復職するか悩んでいる人の参考になれば幸いです!

LINEで送る
Pocket

一般病院

一般病院

大きな病院ほど看護師が複数いるため、仕事を教えてもらうことはもちろん勤務時間の融通もききやすいため、ブランクがあるママ看護師におすすめです。病院の中には復職看護師を積極的に採用しようとフォローアップ体制を整えているところもあるので、ブランクが心配ならそういった体制を取っている病院を中心に求人を探すといいですよ。

クリニック・個人病院

クリニック・個人病院

転職の難易度はドクターが求めるレベルによっても左右されます。現場で即戦力となるようなハイレベルな看護師を求めているのであればブランクがあると復職するのが難しくなりますが、さまざまな経験を積んだ看護師を求めているドクターならブランク明けでも積極的に採用する傾向があります。クリニックや個人病院を復職先の候補にしているのであれば、まずはドクターがどんな意向を持っているのかを確認しておきましょう。

介護施設

介護施設

近年、高齢者の増加に伴って数が増えてきている介護施設ですが、病院よりも医療行為が少ないため、徐々に慣らしながら働きたいと考えている人におすすめです。介護施設といっても特別養護老人ホームだけでなく、慢性期病棟や療養型病院、急性期病院も併設している施設などいろいろあるので、仕事に慣れるまでは療養型で働き、慣れたら急性期に移動する、ということもできます。

訪問看護

訪問看護

時間の融通もききやすく、給料も他の医療機関よりも高めなので人気がありますが、病院のように看護師が複数いるわけではなく、場合によっては1人で看護することもあるので看護技術に自信がない人には厳しいかもしれませんね。訪問看護で働くのであれば、教育制度やフォロー体制がしっかり整っている事業所を選びましょう。

デイサービス

デイサービス

それほど医療行為を多く行いたくない人におすすめなのがデイサービスです。デイサービスに通ってくるのは高齢者ばかりなので老年看護を学ぶこともできます、バイタルチェックや薬の管理など基本的なことを主に行うため、看護師が1名体制でもそれほど不安に思うことはありません。また、高齢者と一緒にレクを行ったりと楽しく過ごすことができますよ。

保育園

保育園

保育園は基本的に土日祝がお休みで、勤務時間も8時~18時と決まっているのでプライベートの予定も立てやすいです。デイサービス同様、それほど医療行為があるわけではないので介護技術に不安がある人や老年介護にあまり興味がない人におすすめです。
ですが、医療行為が少ないため看護師の数も少なく給料もそれほど高くないため、稼ぎたいと考えている人には向かないかもしれませんね。

ブランクありの看護師だって働きたい!

ブランクありの看護師だって働きたい!

Copyright (C) 2019 ブランクありの看護師だって働きたい! All Rights Reserved.