ブランクがある看護師の悩み「人間関係」

ブランクありの看護師だって働きたい!

不安を払拭して看護師として新たな一歩を踏み出そう!

人間関係への不安

人間関係への不安

人間関係は働いてみなければ分からないため事前に見極めることが難しく不安に思ってしまう人もたくさんいます。ここでは人間関係に対する不安を払拭する方法を紹介していくので、心配な人は参考にしてみてくださいね。

LINEで送る
Pocket

人間関係に対する不安

人間関係に対する不安

ブランクがあってもなくても「職場の人間関係が気になる」という人はたくさんいます。確かに、人間関係は実際に働いてみなければ分からないし、どの職場にも相性の良し悪しがあるので不安になる気持ちも分かりますが…。
もしどうしても不安がぬぐえないなら自分と同じような年代や境遇の看護師が多く働いている職場を探してみましょう。そういった人間関係が良好である可能性が高いです。
たとえば、同じように子育て中のママ看護師が多くいる職場や人員に余裕のある大きな病院なら、子どもが体調を崩して突発的に休むことになってもフォロー体制がしっかりと整っているので理解を得ることができますし、文句や嫌味を言われることもありません。

復職の際に注意しておくこと

復職の際に注意しておくこと

同じような年代の看護師が多く働いている職場に復職するのは、不安よりも安心感の方が強い気がするかもしれませんが、ブランクを長く重ねてある程度の年齢になっている人は注意が必要です。なぜなら、同じような年代の人がいてもブランクなしで働いているのであれば、看護師長や主任など指示する立場でいる可能性が高く、なかなかコミュニケーションを取ることが難しいからです。
では、反対に若い世代が多い職場ではどうでしょうか?
「世代が違いすぎるとギャップがあり過ぎて話が合わないのでは?」と思ってしまうかもしれませんが、ブランクが長い人にとっては若い世代とのギャップはさほど気にならないようです。

人間関係は時間をかけて築く

人間関係は時間をかけて築く

人間関係を築くためには「信頼」「挨拶」「態度や表情」「身だしなみ」が必要だといわれています。「何事も最初が肝心」という言葉があるように、第一印象がとても重要です。言葉遣いや態度、身だしなみが人柄の判断基準となるため特に気をつけておきたいところですが、いくら完璧に整えていても出会ったばかりの人には緊張してしまうのでなかなか心を開くことはできませんよね。すぐに相手と距離を詰めていくのではなく、時間をかけてコツコツと人間関係を築いていきましょう。

人間関係のストレスを感じにくい

人間関係のストレスを感じにくい

ブランクが長い人ほど人間関係のストレスを感じにくいといわれていますが、それは、看護師の仕事から離れている間にさまざまな世界の人を相手にしてきた経験があるからです。
看護師として働いていたときには相手の態度や言葉に傷つけられたつらい経験が心に残っているかもしれませんが、一歩病院の外に出てみると、世の中にはいろいろな人がいるので看護師のときに投げかけられた言葉以上にひどいことをいわれることもあるし、反対に嬉しい言葉を投げかけられることもあります。たくさんの人と付き合っていく中で知らず知らずのうちに対人スキルも上がっているので、もし復職前と同じような態度を取られても今度は笑って受け流せるかもしれません。
一度看護師の仕事を離れてしまうと、復職してもやっていけるだろうかと不安を感じてしまうかもしれませんが、看護師の仕事を離れたからこそ培われたスキルもあるはずです。不安におびえるのではなく、「看護師以外の経験も活かして働こう!」と胸を張って復職しましょう!

ブランクありの看護師だって働きたい!

ブランクありの看護師だって働きたい!

Copyright (C) 2019 ブランクありの看護師だって働きたい! All Rights Reserved.